2013年9月16日月曜日

XLR250Baja(MD22)ライトステーの修理


バハのライトステーの修理です。
もう 変形した部分は ご自分で
直してこられたので 割れた 溶接部だけです。


アルミで 表面にアルミ錆が でていますが 
ひと皮むけば 問題なし、


アルミの場合 弊社では TIG溶接かリベット止め
しか 修理する手段が ありません。
今回はTIG溶接で、施工します。


同じTIGでも アルミは交流溶接機がいります。 
昨今インバーターだのパルスだの 溶接機も進化し
直流機でも着けれるかも しれませんが
今のところ 無理っぽいです。


う~ん アルマイトも塗装の気配もない・・・
修理する者には ありがたい事なのですが・・・。


擦り傷が 気になったので、


肉盛って 


仕上げます。 こんなところは 金属って 
ブラボーって感じです。


今回 写真提供も していただいた
コアなバイク乗り ノーベル田中さんのブログです。


0 件のコメント:

コメントを投稿