2014年9月8日月曜日

MV AGUSTA F3 675


MV  AGUSTA  F3  675



アッパーカウル ステーの

修理であります。

以前

ぐしゃぐしゃに 歪んだ FZS600Sの

カウル ステーに

苦労した事 思い出します。

実際拝見さしてもらうと

ほぼ 脆性破壊しており

歪みが ほとんどない。

国産の材料とは

似て非なるものですね。

熔接も ダイキャストの割に

具合がいい。 詳しくは 解りませんが

軽く作る為 張力の高い

アルミのようです。

が、反面 キャパを 超しちゃうと

割れちゃうっって 事でしょうか?

しかし

薄くて コンパクトです。


仮付けをして


TIG(アルゴン)熔接にて 修理。

部品 持ち込みだったので

車両見れなくて 残念

今度 組みあがったら

見せて くださいね。

三光熔接工業所

0 件のコメント:

コメントを投稿