2015年2月7日土曜日

コンプレッサーの修理


コンプレッサーの修理のご依頼です。

ドレンが 内部圧が 掛かってないと

出ないタイプです。ガス溶断で 古いソケットを

切って 中のパイプを 引出 新しいソケットを

溶接します。



最近では プラズマ切断が 主流でありますが

弊社は諸々の理由で ガスで切ります。

こう言う 際の切断は ガスのほうが いいと思います。

ガス溶断機って こんなのー。


因みに これは フランス型です。

関西は ほぼ この型です。


因みに これは ドイツ型です。

おもに 関東で普及しました。

どちらも 使った事 ありますが

形の差より 火口が違い

多少持ち味が 違うのですが、

 大差ないように 思います。


 で、

私のブログに 長くお付き合いなさって

くれている方は お気づきでしょう。

座りの悪い こんな仕事は

木のサンを 調整し

みごとに 直立させたのは

そう

大工のたまやんの

万能作業台です。

実は FTR250の

デコンプシャフトのピンを

抜くのにも 大活躍で

ありました。

ご興味が ありましたら

ワタシ二 デンワクダサイ。


モープラ(モーレツ模型塾)

月一開催してます。

ご興味がある方は

ご連絡を、


三光熔接工業所




0 件のコメント:

コメントを投稿