2017年4月8日土曜日

曇天の桜


待ちに待った桜
残念ながら天気は 不機嫌
お昼雨が止んだので
弁当を持って
近くの公園へ


貸切状態


カメラを向けたら
花が一斉に こっちを 向いた。
そして
さくらが言った。「おまえ誰や。」
マーベリック「そこのしがない鍛冶屋です。」
さくら「わしは さくらや。」
マーベリック「知ってますけど。」
さくら「そうか わし結構有名なんやなぁ。」
さくらは 少し笑った。
そして
さくら「せっかく 綺麗に咲いたのに この雨や どう思う。」
マーベリック「いや、十分綺麗ですよ。
水も滴るなんちゃらって いいますしね。」
さくらは「ガハハハハ。」と 大声で 笑った。
そして
さくら「久しぶりに 愉快である。お礼に この金の斧を あげよう。」
それは りっぱな 金の斧だ。光り輝いている。
しかし
曇天にもかかわらず桜は もっと輝いていると 思った。

なんて事があったら いいのになぁ。

・・・。

鍛冶屋の頭は 春まっさかりである。


三光熔接工業所



0 件のコメント:

コメントを投稿