2018年3月23日金曜日

西へ東へ


SUZUKI のレッツ4 マフラーの修理のご依頼があった。
まぁ珍しく無いご依頼だが

話を聞いていると 鹿児島から大阪に向かう
フェリーに乗船中だという。
え、わざわざ 鹿児島からフェリーに乗って
修理に来るの?

さすがに な、訳は無い。

彼が言うのには 鹿児島でマフラーが割れ
鹿児島で修理したが またすぐ割れてしまった。と、

明日朝大阪に着くが 修理出来ないだろうか?

鍛冶屋「多分錆びて薄くなったのだから 修理しても 違う場所が
すぐ 割れちゃうと思うよ。」

お話をさらに 聞いてみると
埼玉から本州を西へ下関から九州
九州を縦断して 沖縄へ
そして 戻って来る途中のトラブル。


なんか 悪い癖
面白そうな事には 首突っ込んどかんと

鍛冶屋「悪い様に しないから とりあえず おいで。」
と言ってしまった。

で 翌日 さわやかな青年が 来店した。


鹿児島のバイク屋さん ガス熔接
ぺらぺら錆び錆を きっちり熔接してる。
しかし 薄々なので 修理した場所から 
ずれて割れてる。こりゃ 同じことをしても
また違う所から割れてしまうだけだなぁ。



真鍮で全体的に 肉盛りした。
不安は否めないが他に思いつかなかった。


背中にテントを背負って
彼は鳥取砂丘に 旅立った。

何日か経って 彼から電話が あった。

さわやかさん「名古屋で 割れました。」

1000kmしか もたなかったか。
見込みが 甘かった。
申し訳ないです。敗北で あります。

鍛冶屋「名古屋だと 打つ手なし。カー用品で 
マフラー修理用バンテージで巻いてください。
真鍮の肉厚が あるので 埼玉までなら 行けると思います。」

もしくは

がんばれ! 名古屋の溶接屋。


三光熔接工業所

0 件のコメント:

コメントを投稿