2013年10月16日水曜日

続大工MADE


優雅な白鳥は 実は水面下では 必死というが・・・。


見えないところでも 結構複雑な切り欠きである。


細かいところは のみやカンナで 仕上げられていく
今の若い大工は ノミもカンナも 使えないと 嘆くたまやん

  
強度も見た目オーバークオリティ 
直ぐに油まみれになる エンジン台には
もったいない気さえする。いい出来栄えだ。
 
で これなら もう少し薄い板で
裏に鏡はって 表にガラスはって
ミニーカー飾ったら かっこいいじゃないだろうか。

鍛冶屋の妄想は 膨らんでいく。

三光熔接工業所

0 件のコメント:

コメントを投稿