2014年11月11日火曜日

カウンター チェアーの修理


以前にも 同じような 事を

ブログで 書いていますが・・・。


弊社に持ち込まれる 椅子の修理の

箇所は ここか キャスター部


この部品は

体重をかけちゃうと 力が掛かり

曲がってしまうので

少し硬い鉄が 使われている様です。

おまけに プレス成型なので

更に剛性が あがります。

熔接は 反対側が 回転する当たりになるので

裏盛は 出来ません。

では

どう修理するのでしょうか?

・・・。

それは 秘密です。(笑い)


単純な 仕事の様では ありますが

考えて 工夫していますので ご安心を。


お聞きすると 梅田で スナックを 25年経営されている

オーナーさん

強持てな感じもするのですが

話をさしてもらうと

その お人柄が でます。

美味しいお酒出されてるんでしょうけど

その お人柄に お客さんが 集まって 来るのでしょう。

などと 考えてると 

そんなお仕事の 手助けが 出来たのかなぁ

と 思うと

幸せを 感じます。


三光熔接工業所


0 件のコメント:

コメントを投稿