2014年6月12日木曜日

厨房台の改造


今回は 改造です。

キャスター取り付け用の ナットを溶接

SUS MAG溶接(半自動溶接)で 施工。

余談では ありますが

半自動の 熔接ワイヤは コアとソリッドが

あります。 弊社は コアワイヤです。

なんと 1.2t と言う 細さで ストロー状になってて

中にフラックスが 入ってるいう。 ハイテクワイヤです。

鉄は 強度優先で ソリッド

仕上げ優先でコア と使い分けます。 


大きな キャスターを 着けて

高くなった分 足を 短くします。


今度は TIG溶接(アルゴン溶接)です。

TIGは 高い!という イメージが ありますが・・・。

確かに ガスも熔棒も 高いです。が

この仕事なら 作業時間が アーク溶接の

半分位の 時間で 出来てしまうので

結果的に TIGの方が 安く上がります。

物によって 違うので 一概には 言えませんが

適材適所で施工していきますので ご安心を。


私事で 申し訳 ございませんが

出来るだけお客様の ご要望に

お答え出来る様 努力しますが

ご連絡だけ お願いします。

夜間や 土曜日曜祭日も

ご連絡頂けたら ご相談に 乗ります。

宜しくお願い致します。


三光熔接工業所


0 件のコメント:

コメントを投稿