2014年5月14日水曜日

TDR200改の門 放浪編


ご依頼は 

バックスッテップ バッテリー化 チャンバー取り付け キャリア製作

でしたが・・・。

全体的に 良く出来てたのですが・・・。

まず クラッチのレバー比が 悪く

結局エンジン側の レバーを  短く加工したら 上手くいきました。

まずは チャンバー ランツァ用なので そこそこ 簡単に 行くかと

思っていたら・・・。 


サイドカバーと テールカバーと サイレンサーとの

クリアランスが 超タイトで 苦労したのですが

 
さらに 困った事に ウォーターホースを

通すクリアランスが もっとない

元々ノーマルのミドルカウルに 大きな

ラジエーターを 換装しているうえに

太いチャンバーで 辛い事に・・・。

一時期は ダウンマフラーに プランを 

変えてしまおうかと 考えたくらい 煮詰まりましたが、

某ホームセンター プロを 

放浪 徘徊して ちょっと いけそうな

パイプを発見したのですが 肉厚が 薄い

0.5t も なかったのですが

無理やり 筍ジョイントを 熔接し

なんとか ホースの エクステンションジョイントを

製作したら 上手くいきました。 

 
同時進行していた キャリアと バックスッテプも

大変な 事に なって いきます。


TDR200改の門 堕落編に続く。

三光熔接工業所




0 件のコメント:

コメントを投稿