2014年5月2日金曜日

GPZ900R


Ninjya ですね。

私も750Rに 乗ってましたので

思い入れ深い バイクです。

今回の ご依頼は

社外マフラーを着けると

アンダーカウルが 干渉するので

どうにか ならんか という

ご依頼で あります。

Ninjya と言えば

大分減ってきましたねぇ

残ってるのは

ケチョンケチョンに

いじった スーパーカスタム

まぁ 嫌いじゃ ありませんけど・・・。

カウルはアッパーのみっていうのが

大多数なんですが・・・。

今回の ご依頼主は

何気に カスタム部品 多数のですが

オリジナルに近い 物を セレクトされ

パッと見たら オリジナルで

よく見たら 結構 いじってるじゃん仕様。

羊の皮を被った狼仕様で あります。

前置き長く なりましたが 作業に進みます。


まず ジョイント スプリングを

なんとか しないと・・・

私 乗ってたので 大変さ知ってます。

不思議に 思われるかしれませんが

マフラー外そうとしたら 

アッパーカウル外したほうが

早いんですよね。

「風が吹けば 桶屋が 儲かる」みたいな

今 なんか どっかで 「意味が違う」って

突っ込みが 聞こえましたが、

気にせず いきましょう。


今回は お客様が

着けたままで 出来れば 隠れる場所なので

仕上げは そこそこで良いよ

ということで ガツガツやっちゃいました。


元の スプリングハンガーを 切って
カウルの干渉しない 所に変更しました。


こんな 感じです。


まぁ 干渉していたのは ここだけじゃなかったので

色々大変でしたが 

なんとか なり

喜んで 頂けたので 本当に

良かったです。 

また 困ったことありましたら、

遊びに 来てください。


余談では ありますが、当時 Team Greenでは

900Rの レーサーは 戦車って 呼ばれていました。

なにか 因縁を 感じます。

三光熔接工業所

0 件のコメント:

コメントを投稿